DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
病院の待合室で近所の方と会った。
挨拶だけでもと声をかけると、
「タケル君のお母さんですか?」とおっしゃるので、
「タケルがお世話になっていたのですね?」とたずねると
タケルが小学校の登下校のときにいつも声がけをしてくれていて、タケルのことを気にかけてくださっていたのだそうだ。
そして、タケルが養護学校に通学していることを話すと、
「よく決断されましたね。」と言っていただいた。
この方は長年教員をされていて、養護学校にも勤務した経験があったという。
なので、タケルを見ていてこれからどんなふうに育っていくのか心配に感じられたのだろう。
親の知らないところで見守ってくれる人がいるってしあわせです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
夏休み中は暇を持て余し気味なタケル。
洗濯物を取り込むお手伝いをしてもらう。
今日はいい返事をしてくれた。
用事を済ませて帰宅すると、きれいに畳まれた洗濯物がかごに入っている。ありがとうね、タケル。
明日は、おじいちゃんの畑の手伝いを頼まれました。
学校で教えてもらったことが役に立つといいね。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
「困っている子どもたち」に困惑している大人たち、とでも言えばいいのだろうか。
知人が小学校の学童保育を担当している。知人のところも、今年から障害のある子どもたちも受け入れていこう、ということになりアスペルガーと診断された子どもと自閉症と診断された子どもを2人受け入れたとのこと。担当職員は知人も含めて3名で小1~小6までの健常児と一緒に放課後の子ども達の世話をしているという。
大人サイドの都合だけで見てしまうと、自閉的なコミュニケーション障害を持つ子どもは扱いが大変である。まして、学童保育の指導員レベルで、障害児教育(実習も含む)を受けている人は少ないのが現実であろう。
知人も最初はとても戸惑ったという。
驚いたのは、戸惑いの中で子ども達と過ごすうちに、「重度の自閉症」(知人談)のA君が、知人のひざの上に乗っかるようになったという話。毎日の暖かい触れ合いの賜物なのであろう。
知人たちは、親御さんや先生と密に連絡を取り合い、その意見を尊重して子どもさん達と触れ合っているようである。また、パニックを起こした子どもさんには「どうしたの?」など必ず言葉がけをして、危険が予測される場所にいたら安全な場所に誘導しているとのことだった。
これは当たり前のことのようだが、意識が伴わないと出来ない仕事だと思う。
障害児というと何か特別な人間であるかに捉えがちであるが、これを「脳の認知機能」というキーワードで解き明かすと、決して特別な人間などではないことがよくわかるだろうと思う。
われわれも歳をとれば、認知機能は個人差こそあれ、衰える。
「当たり前に出来る。出来るのが当たり前。」という言葉のはかなさがよくわかるだろうと思う。


軽度発達障害と聞くと、軽度なのだからそんなに心配ないのね?と捉えがちであるが、関わり方に工夫の要る子どもたちである。
要らないトラブルを回避するためにも、子ども達から学んでいく必要はあるだろう。
私も知人から話を聞いたり、他の子どもさんたちと触れ合って学んで生きたいと改めて思った。
| BLOG TOP |

copyright © 素敵なこどもたち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。