DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:養護学校での日々
今日は、タケルの祖母の三回忌(祥月命日)です。
三回忌の法要はすでに親族で済ませているので、家族だけの内輪でタケルのおばあちゃんを偲ぶ会をしました。
お仏壇には、先日の巨大キュウリを辛子漬けにしたものや煮物、差し入れのチラシ寿司・ぼたもち・ワラビの漬物・ササゲのクルミ味噌和えを供えます。その他に果物やアンパン、缶コーヒー、ジュースやキャラメル、甘い駄菓子など故人の好きだったものをお供えしました。
義母(タケルの祖母)は、タケルをとってもかわいがってくれました。亡くなる少し前には息子(タケルの父親)のことも忘れてしまっていたのに、タケルのことだけは覚えていて、ちゃんと名前も呼ぶのです。
そして、タケルが行くととっても喜んで大きな声で笑うのでした。
タケルが生まれた時、顔を見て「あ。ばーちゃん(義母)にそっくり~!」とひそかに落胆した私の思いと裏腹に、義母はタケルのことをとても気に掛けてくれて、かわいがってくれました。
タケルが小学校に入学する前には、机を買ってくれると言うので、私が「タケルはああいう子だから、机は要らないです。」と遠慮もあったのですが断りを入れると、「おめさん(あんた)がそういうことだからダメなんだ。ちゃんとしてやれば、今に、それ見ろ!というふうになるんだから!」ととても叱られた思い出があります。
厳しいところのある義母でしたが、あたたかい人でした。
タケルの中にお義母さんは確かに生きています。
タケル達の作ったキュウリは義母に届いたと信じています。
スポンサーサイト
コメント

子供ってすごく人をみているんですよね。
養護学校に入ってタケル君がいろんなところで成長著しいのも学校の先生、本人の努力だけでなく、おばあさんの気持ちも届いているからでしょうね。
おばあさんもタケル君の作ったキュウリを美味しく頂いたことと思います。
おじいさん、おばあさんをいつまでも忘れることのないようにね、タケル君。

ありがとうございます。

おばあちゃんにかわいがってもらって育ったのはタケルにとって心の栄養になっていると思います。
せめて毎月の月命日には手を合わせておばあちゃんやおじいちゃんにタケルの頑張っている姿をしっかり見てもらいたいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 素敵なこどもたち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。