DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:養護学校での日々
養護学校での学習は、机上でのものよりは体験的なものを重視している。
机上学習の時間が少ないことに関して保護者の中には戸惑いや不安感を抱く人も少なくないようだ。私もその一人だった。
カリキュラムを見ると、一日の中で机上学習に充てられている時間は1時間弱。
小学生時代のほうがよっぽど机上学習の時間が多かった。
どちらが子ども達の成長に有効に働くのだろう。
一概に言い切れることではないだろう。
が、子ども達の様子を見ていて感じたのは、みんなとっても成長した、ということ。
ステージでの振る舞いが、昨年のそれと比べてとっても落ち着いている。
そうして、自分の役割や出番をとってもよく理解して行動できるようになってきている。
先生に言われなくても、自主的に行動ができるようになってきているなどなど。
こういう感動は後になってじんわりとやってくる。
あなたはあなたのままでいい、と肯定されて居場所を得られた子ども達は、伸び伸びと振舞っている。その中で、少しずつ場に合った行動をすることを先生たちに教えてもらってそれが出来るようになってくる。
何よりすごいのは、入学当初はステージにいるどころか、その辺を歩き回ってしまうようなA子ちゃんが、今回はステージで自分の出番をちゃんとこなしていたこと。
他の子ども達だってがんばった。
ステージでも、観客としても、奇声を上げることなく静かにしていられた。
すごいことだと思う。
発表は、2時間近くに及んだのだから。
タケルも最初から最後まで出番が多かったけれど、よく頑張っていた。
踊りも歌も上手になっていた。
今回もまたよい体験ができましたね。
来年は3年生。
少し大変になるかもしれないけれど、
お友達と一緒に頑張れるよね。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:職場体験実習
これまで、授産施設と福祉作業所の2箇所で職場体験実習をしてきました。
今回は、福祉施設で体験実習にチャレンジの予定。
事前の打ち合わせに付き添いました。
緊張しつつも口は滑らかなタケル。
質問しながら、しっかりと自己アピールもしたりしています。
受け入れてくれる施設は、ディサービスとショートステイを行っています。
タケルはショートステイのお年寄りのお世話をする職員さんの補助をさせてもらうようです。
具体的な実習の内容は、食堂のテーブルを拭いたり、配膳の手伝いをしたり、洗濯物たたみを手伝ったり、話し相手をしたり、ということのようです。
ショートステイとは言っても数日間を過ごすと家に帰りたくなる方もいるようです。
私達の乗ったエレベーターの前で待っている方もいらしてなんだかせつなくなりました。
ショートステイのフロアーは照明を落とし気味にしてあって、薄暗い感じがするなあと思っていたら、タケルもそう感じたらしく、「ここは暗いねぇ。」と何回も言っていました。
タケルがそのフロアーにどんなイメージを抱いたのかわかりませんが、有意義な1日を過ごしてほしいと願う母でした。



| BLOG TOP |

copyright © 素敵なこどもたち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。